今日も気が滅入る、美容院へ行く日

公開日: : ネイル 資格

私は美容院が苦手です。

例えば子供が(大人も?)歯医者さんに行くのを嫌がるように、できれば避けて通りたいところなのです。

これは珍しいことだと思います。
たいていの場合、女性は予約を取り、カレンダーを見ながら、美容院へ行く日を楽しみにするものだと思います。
少なくとも、私の周囲にいる女性、あるいは小説の登場人物などは、美容院に行くのを楽しみにしていました。

なぜ私が美容院を嫌うかと言うと、その原因のひとつは私の髪にあります。

非常にくせが強く、太くて量も相当多い。
なかなか美容師さんの思うようにならない、手ごわい髪の毛なのです。
その髪と長年付き合ってきた私自身、かつて一度も自分の髪型に満足したことがなかったのですから、これは強敵と思って下さって構いません。

その髪を扱う美容師さんに、いちいち説明をし、そして「やっかいな髪ですみません」と謝るのが苦々しいのです。
また、自分が持っていったカタログの髪型も「お客様の髪質では無理です」と、受け入れられた試しがありません。

さらに、美容師さんや助手の方が話を振ってくるのが煩わしいのです。
髪のことに徹して話してくれるのは構わないのですが、私生活などプライベートに関わることを話し出されると、閉口します。
美容師さんとしては、私と言うキャラクターをよく理解するために話している、いわば仕事のうちなのでしょうが…。

そういうわけで、妥協した髪型に支払いを済ませ、ようやく解放される時には、どっと疲れがこみあげてきます。

このような疲弊感をもって美容院に通うのは、私だけなのでしょうか…。
大いに疑問を持ちながら、次回の来院を心から恐れて過ごしています。

関連記事

指先をいろどるネイルに心はずんで

女性はファッション、お化粧、ネイルと自分をきれいにみせる手段がたくさんあって、それを楽しむことができ

記事を読む

友人が経営する美容院はシンプル&シンプル

私が毎月カットする美容院は、高校時代の友人が経営をしています。 新築した自宅に店舗部分が隣接し

記事を読む

季節ごとに楽しめるジェルネイル

私がジェルネイルにハマったきっかけは、再従姉妹がネイリストの資格を取り自分のサロンを開いたと聞いたか

記事を読む

ネイルカラーを残さずに使いきる方法

私は、マニュキュアもペディキュアも自分でします。 1年中、マニュキュアもペディキュアもいしてい

記事を読む

ネイルへの興味はあるけど、自分ではなかなか触れない

自分はよく爪の形がきれい、ネイルをしないの?とよく聞かれたり声をかけられることがあります。 し

記事を読む

PAGE TOP ↑