華やかな日には華やかなネイルで決まり

公開日: : 最終更新日:2015/03/25 ネイル 資格

私の職場はネイルが禁止だし、私自身も塗ったり落としたりが面倒で、あまりネイルをする方ではありません。
するとしてもデザインに凝る訳でもなく、一色をただ塗って終わり、という感じでアレンジもあまりしないです。

ですが流石に女ですので(笑)女性の友人たちと集まる時やお祝いごとの時は、爪もきちんと塗ります。
まあそれでも、パールっぽい光沢の可愛いピンクネイルを塗る程度なんですが。

そんな時、友人の結婚式に呼ばれました。

当然おめかしして会場に行くと、皆それぞれ元がいいから(笑)普段の倍以上に綺麗で盛り上がっていたのですが、特に振袖でやって来た友人のネイルの華やかさに目を奪われました。

色は私と同じパールの光沢のピンクなのですが、更に桜の花のチップ(と言うんでしょうか)や小さなダイヤっぽいストーンがあしらわれていて、着ている振り袖ととても合っているのです。

頭の先から爪の先までしっかりおめかししていた友人は素敵で、私個人としては、花嫁さんの次くらいに綺麗だと思いました。

一方自分の爪を見ると、決して悪くはないのに、何だかもの寂しい感じがしました。

やっぱり晴れの日には、爪ももっとおめかしした方がいいですね。

私が友人の爪を見てとても素敵だと思ったのと同じように、他の誰かも私の爪を見て素敵だと思ったり、「綺麗におめかししてるのに手は気を抜いてるな」と思うかもしれないのですから…。
ネイルスクール費用.net

関連記事

ネイルへの興味はあるけど、自分ではなかなか触れない

自分はよく爪の形がきれい、ネイルをしないの?とよく聞かれたり声をかけられることがあります。 し

記事を読む

指先をいろどるネイルに心はずんで

女性はファッション、お化粧、ネイルと自分をきれいにみせる手段がたくさんあって、それを楽しむことができ

記事を読む

今日も気が滅入る、美容院へ行く日

私は美容院が苦手です。 例えば子供が(大人も?)歯医者さんに行くのを嫌がるように、できれば避け

記事を読む

ネイルカラーを残さずに使いきる方法

私は、マニュキュアもペディキュアも自分でします。 1年中、マニュキュアもペディキュアもいしてい

記事を読む

美しい手を手に入れるにはネイルも重要

「手を美しく見せたい」、そう思う女性はたくさんいます。 私もその一人です。 そのためにはハン

記事を読む

PAGE TOP ↑