美容院に行くと思うと気持ちが優雅になります

公開日: : ネイル 資格

どういうものなのか、美容院に行く日が近づいてくると何だか、ワンランク上の女性になった気がしてきます。
正確には、ワンランク上の女性に見える、良い女にしてもらいに行くのにワクワクしてくると言うことです。

朝起きます。

ぼっさぼさの髪の毛を鏡で見ながらも見て見ぬふりをして歯磨きをします。
クリームをつけてなでながら、今日一日も良い子にしていてね、と髪の毛を寝かしつけて出かけます。

美容院にはいつも行けるわけではないから、予約を入れる時から気持ちが高揚しますし、優雅な気持ちにさえなるのです。

ぼっさぼさをいかにまともに、まとも以上にするか、美容師さんの腕の見せ所です。

どのようにしましょうか、といつも言われます。
普通にしてくださいと言います。

普通のみなさんには、くせ毛の大変さは良くわからないかもしれません。

あっちこっちに向きたい放題の個性ある面々をストレートとまでは行かないまでも、女性らしいエレガントなスタイルに仕上げるのは見ものです。

他人事のように言っていますが、私はいつもどのように仕上げてくださるのか楽しみなのです。

自分で自分を変身させるのが苦手な私ですが、美容院に一歩入るところから、気を引き締めて勉強体制です。

美容院の鏡は特別な鏡に見えてきます。

関連記事

季節ごとに楽しめるジェルネイル

私がジェルネイルにハマったきっかけは、再従姉妹がネイリストの資格を取り自分のサロンを開いたと聞いたか

記事を読む

ネイルカラーを残さずに使いきる方法

私は、マニュキュアもペディキュアも自分でします。 1年中、マニュキュアもペディキュアもいしてい

記事を読む

指先をいろどるネイルに心はずんで

女性はファッション、お化粧、ネイルと自分をきれいにみせる手段がたくさんあって、それを楽しむことができ

記事を読む

友人が経営する美容院はシンプル&シンプル

私が毎月カットする美容院は、高校時代の友人が経営をしています。 新築した自宅に店舗部分が隣接し

記事を読む

今日も気が滅入る、美容院へ行く日

私は美容院が苦手です。 例えば子供が(大人も?)歯医者さんに行くのを嫌がるように、できれば避け

記事を読む

PAGE TOP ↑